こぐろぐ。

アラサーリーマンの日常

CRYAMYというバンドについて。

30歳も超えてくると、あの頃好きだった物を忘れてしまうことがある。

自分を消耗する日々の中で、知らぬ間にそれを遠ざけてしまう。

昔好きだったアルバムを聴いてみても、これの何がよかったのか…と。

まぁ、それが大人になるってことなのかもしれない。

そんな少し寂しい生活を違和感なく数年過ごしていた。

 

CRYAMYというバンドに出会った頃、僕は無職だった。

数年ぶりに手に入れた自由な時間を絶賛謳歌中。

無職という開放感からか、その日はYouTubeで最近のバンドのPVを漁っていた。

そこで僕はCRYAMYというバンドに出会う。

www.youtube.com

初めて見たPVはこの月面旅行だった。

サムネから漂う拗らせ感。

ていうかこのバンド名なんて読むんだ。

そんなことを考えながら曲を聴いてみる。

 

…結構良いな。

力強いんだけどノスタルジーで案の定拗らせてる感じ。

そっこーでWikipediaで彼らについて調べてみる。

とりあえずバンド名なんて読むのか知りたいし。

2017年 弾き語りで活動していたカワノがオオモリユウトをドラマーとして誘う。その後ギターとしてフジタレイがバンドに参加する。バンド名の由来は「cream」にちなんだ名をつけようとしたカワノのスペルミスから。

出典:Wikipedia

どうやらバンド名はCRYAMY (クリーミー)というらしい。

そしてボーカルのカワノ君はちょっと頭が悪いっぽいということが分かった。

 

www.youtube.com

僕が彼らを愛してしまうことを決定付けたPV。

もうね、たまんないんですよ、この小汚さ。

小綺麗でおかっぱのなよなよしたロックはもうたくさんなの。

中学校の体育教師が着てた依頼、おそらく見てないこのルコックのジャージ。

本当に髪切る金無いんじゃないか?って感じのカワノ君の髪型。

 

金ないからテレビを売るのも納得。

チューハイの缶を灰皿にするのも納得。

 

そんなカワノ君は唄う「誰かにいえるようにポップソングあえて」と。

 

いやぁ、おっさん応援してしまいます、これは。

 

でもそんな気持ちと反面、CRYAMYには絶対売れて欲しくないという気持ちもある。

(まぁ既にそこそこ売れてそうだけど)

彼らには一生小汚くいて欲しい。

革靴なんて絶対NG、100歩譲ってスニーカーならおK。

勿論ジーパンは常に破けてて欲しい。

 

これから先も轟音でノスタルジーなセピア色の音楽を奏でて欲しい。

 

彼らのクラファンがあったら、積立てNISAやめてその分ぶち込んでも良い。

 

売れなくてもいいから今の音楽を続けて欲しいと切におじさんは願う。

 

最後に僕が1番好きな曲を紹介。

www.youtube.com

カワノ何ジャケット着てんだよ!

今週のお題「好きなお茶」

今週のお題「好きなお茶」

 

真っ先に思いついたのが一風堂ルイボスティー

 

「めちゃくちゃ一風堂の豚骨ラーメン食いてえなー」って感じよりも、

「あ、一風堂あるじゃん、ルイボスティー飲みいこ」ってテンションで一風堂に行くことが多い。

 

家で作ったり、市販のルイボスティーをこれまでもさんざん飲んできたけれど、一風堂ルイボスティーこそルイボスティーだと思う。

あのルイボスティーの味は一風堂でしか味わえない、マジで。

いや、むしろ一風堂ルイボスティールイボスティーではないのかもしれないとすら思えてくるほどに。

 

他の店ならレモンサワーでも頼んじゃおっかな、となる場面でも、一風堂だったらこのルイボスティーでOK。

ファミレスのドリンクバーの値段くらいなら全然出せるのであのルイボスティー有料にすれば良いのに。

少しくらい金取られた方がこっちも気兼ねなくがぶ飲みできるしね。

 

そんなレベルで僕はあのルイボスティーが好きです。

 

やみつきになるあの爽やかな香り、癖になる味。

中毒性のあるやばい物入ってるのかもな。

一風堂の看板見るとルイボスティー飲まないと気が済まないもん、僕。

 

 

ルイボスティーを飲む、辛いもやしを食べる。

辛いもやしをまた食べる、ルイボスティーで流し込む。

コロナ落ち着いたら、この定番ルーティンぶちかましたい。

 

(ラーメン食え)

今週のお題「サボる」

今週のお題「サボる」

 

「サボる」という言葉は僕の人生そのものだ。

小学生の時のスイミングスクール。

中学のサッカー部。

高校のサッカー部。

大学の授業。

バイト

仕事。

僕はあらゆるセクションで事あるごとにサボタージュかましてきた。

 

多分誰だって何かしらサボったことがあるだろう。

そしてまた誰しもがその際に一抹の罪悪感を抱いたと思う。

 

今この記事を読みながら「月曜から仕事サボっちゃたよ」って少しブルーになっている人だっているんじゃないだろうか。

 

サボりのプロから言わせてもらう。

 

もっと堂々とサボれば良いんだよと。

 

約30年間、事あるごとにサボり。

なんなら全くサボらず物事をやり遂げたことあるのか?ってレベルの。

大学だって5年間通った僕だけど。

今では妻も子供もいて30年の住宅ローンを抱えながらもなんだかんだ生きています。

今週のお題書きやすそうだから書いてみよ。

ていうか毎週お題は書こうかな。

今こんなこと考えてますが、きっと来週はサボることでしょう。

 

何が言いたいかというと。

少しサボったところで、人生なんとかなるもんですってこと。

 

ていうか「少しサボっちゃえ」くらいの精神的余裕を持ってるくらいじゃないとダメ。

サボれない人は、サボりたくてもサボれないんだよ。

 

今日会社休んじゃった君だって、ぶっちゃけ「まぁなんとかなるか」って思ってるでしょ?

それだけ効率良く働けてるってことでしょ。

 

サボらずに90のことをこなせる人とサボりながら100こなせる人どっちが優秀かって話ですよ。

サボる=逃げるではないので。

堂々とサボっちゃいましょうよ。

罪悪感なんて不要です。

 

繰り返しますけどね、僕はサボりが原因で大学5年通いました。

THE う○こ FACE。

急に嫁が新しいポーチが欲しいと言った。

アークテリクスのマンティスっていう小さいやつ。

ちょっと散歩って時に財布とスマホを入れるのに調度良さそうな大きさのポーチ。

マンティス2は一回り大きいので僕にも良さそう。

ペアルックで買うのもいいね!なんて嫁。

普段そんなこと言わないので少し恐怖を感じる。

 

ということで、昨日実物を見に行くことに。

BEAMSで両方とも売っていたので大きさなどを確認。

悪くない。

でも個人的にアークテリクスのあのよく分からないトカゲみたいなロゴはあんまり好きじゃないんだよね。

今使ってるノースフェイスのポーチは少し年季は入ってるけど、壊れているわけでもないし、使い勝手も良く気に入ってるし。

よって少し検討だな、という結論になった。

 

同じくBEAMSにて。

 

5年ほど前に購入した今使っているポーチと同じものが売られていた。

まだ、売ってるんだ。って思い自分の物と比べる。

 

う○こだ。

 

僕のノースフェイスのロゴ、う○こ色。

 

使用感とか年季なんていう綺麗な言葉では片付けられるものではない。

便器感、と排泄という言葉がお似合いな僕のノースフェイス。

今まで全く気にならなかったけど、見比べてしまうことで、よく今まで(今も)こんなの首からかけてたなという気持ちになった。

きっとすれ違う人からは

「あの人のノースフェイスう○こだな」

「あ、あの人う○こフェイスだな」

と思われていたに違いない。

こんなう○こフェイスで僕は今おしゃれスポットBEAMSにいる。

店員が話しかけてこないのも僕がう○こフェイスだからか?

周りに人がいるのに自分だけ全裸っていうたまにみる夢のような感覚。

その日は急いで帰宅した。

 

そして今日、嫁に僕のう○こフェイスを洗ってもらった。

f:id:kogure0411:20210830230653j:plain

き、汚な過ぎる。

f:id:kogure0411:20210830230733j:plain

う○こフェイスロゴを掃除中。

ちなみにこの歯ブラシ排水溝用です。

う○こフェイスにはお似合いの1本。

ちなみにちなみに嫁が間違えてお口磨いた歯ブラシです。

最近少しお口が臭ってたから間違えたのかな?

f:id:kogure0411:20210830231125j:plain

2回目の洗い。

君どんだけ汚れてんのよマジで。

毎日3回以上ウォシュレットしてる僕の肛門の方が綺麗だと思うわ。

f:id:kogure0411:20210830231315j:plain

乾燥中。

ヒルさんも驚いてますね。

f:id:kogure0411:20210830231401j:plain

終了後。

洗い前の写真を撮ってなかったので比較できませんが、これでもまだ綺麗になった方です。

う○こ→おしっこくらいの変化はあります。

排水溝歯ブラシによる施術で若干ロゴが禿げてる、気がしなくもないが…

まぁそのへんは僕の髪型とペアルックということで。

 

嫁姑問題について。

結婚するということは、相手の家族とも家族になるということ。

相手の親と上手くいっていない、という家庭は多いんじゃないだろうか。

今回は我が家の嫁姑問題についての話だ。

結論から言うと、僕の母親と嫁は今のところはある程度上手くいっている、と思っている。

勿論、嫁はそれなりに気を使ってくれているのだと思うのだけれど。

どちらかと言うと、僕の母は厳しい人間ではないし、フレンドリーな人だ。

いや、フレンドリーが過ぎる母親だ。

そしてかなり「天然」。

 

あ、話それますが、この前Netflixで「JIMMY」を見て知ったんだけど人に対する「天然」って言葉はジミー大西から始まったらしいですよ、知ってた?

 

話を戻す。

うちの母親はかなり天然だ。

(嫁曰く僕にも遺伝しているらしいが、自覚はない)

天然×フレンドリーというケミストリーにより、何が生まれるか。

 

それは「ナチュラルに失礼な人」なんです。

 

結婚してから、やたらと母が嫁へプレゼントをあげる。

まぁ男兄弟だったからよっぽど娘ができたようで嬉しいんだろうなと思う。

毎回、嫁も空気を読み、ある程度喜んだフリをしている。

そんな嫁を「これ絶対いらないだろうな」と側から見てると面白い。

 

ある日の出来事、誕生日だかなんだかで母からネックレスがプレゼントされる。

「自分では買わないけど、あったら付けなくはないレベル」と、思ってるな。

と横で推測する僕。

そこはやはり空気の読める嫁、定番の喜びの儀へシフト。

ネックレスを付け、「どう?」と僕に振る嫁。

あまり褒めても母を助長するだけなので、「まあ、良いんじゃない」と僕。

母もそれなりに満たされた感じでその日は終わった。

 

後日。

母から嫁へLINE。

「この前のネックレスはどうですか?A子ちゃんにはあげにくいけど、嫁子ちゃんにはあげやすいし、喜んでくれるので私も嬉しいです。」

 

話を整理しよう。

唐突に登場したちゃったけど、このA子ちゃんは僕の弟の嫁だ。

で、このA子ちゃん、今でこそ弟の仕事の事情で専業主婦やってるけど、アパレルでバリバリに働いていたシャレっ子。

いつ会っても今時のファッション。

なにより神戸出身だ。

それはそれは結婚式も派手でおしゃれだったな〜。

 

一方、嫁子。

職業:公務員

出身:圧倒的山陰地方

備考:呼ぶ友達も居ないので結婚式は親族のみ

 

つまるところ。

うちの母親は圧倒的おしゃれ魔女であるA子にはビビってプレゼントを渡せない。

だってA子ちゃんおしゃれ魔女なんだもん。

ラブ&ベリーだからこだわり強いだろうし、気に入って貰えなかったらショックだもん。

 

でも!

嫁子ちゃんなら大丈夫!

だって嫁子ちゃんはこの前まで泥団子で遊んでたような子だもん!

(勝手なイメージを推測)

私のセンスでも嫁子ちゃんには通用するわ!

だってほら、嫁子ちゃん今日も茶色の服着てるもん!

 

という気持ち。

本来なら完全に自分の中で消化すべき気持ちを、相手に伝えてしまうのである。

なぜなら彼女は天然だから。

そして何よりやっかいなのが、そこには本当に1ミリも悪意はないところ。

彼女はただ純粋な気持ちでネックレスの感想を聞きたかっただけなのだ。

 

いくら母親に似てると言われても、自分はここまでデリカシーのない人間ではないと思っていたが、昔こんなことがあったの思い出した。

 

初めて上司の家を見た時、

「うわー!古民家カフェみたいっすね!」

 

やってる!やってる!

オリジナルソング。

娘とお風呂に入る。

いつまで一緒に入ってくれるんだろう。

そんな幸せなひと時。

学生の頃軽音楽部だった名残か、ふと曲が浮かんだ。

 

タイトル:5×4=20

 

Aメロ

ごしごしごしごしごしにじゅう

ごしごしごしごしごしにじゅう

Bメロ

5×4、5×4、5×4、5×4、5×4=20

5×4、5×4、5×4、5×4、5×4=20

サビ

goshigoshigoshigoshigoshigoshiNiziU

goshigoshigoshigoshigoshigoshiNiziU

Cメロ

5×4、5×4、5×4、5×4、5×4=20

5×4、5×4、5×4、5×4、5×4=20

大サビ

goshigoshigoshigoshigoshigoshiNiziU

goshigoshigoshigoshigoshigoshiNiziU

ごしごしごしごしごしにじゅう

ごしごしごしごしごしにじゅう

 

作詞:こぐれ

作曲:こぐれ

 

バズったらどうしよ。

J.Y.Pの許可とってないからサビだけ替えないとかもだな。

紅白呼ばれたらどうしようか。

フルコーラスで演らせてくれるなら受けようかな。

今年の瑛人は僕かもしれない。

牛角のせい。

絶賛お盆休み中だが、マジで暇である。

コロナだし、雨だし、0歳の子供いるし。

この連休は完全家族水入らずのステイホーム、つまり地獄だ。

仏もどっちがあの世か分からないレベルの地獄だ。

殆どやることがなく「暇だなぁ」「暇だなぁ」と稲川淳二のように呟く僕。

そんな僕を見てイラつく嫁。

しかし本当に暇なので、仕方なくブログを書くのである。

 

ステイホームといってもやっぱり限界が来るもので。

少しぐらい外食でもするか!と言いたい所だが、前半の連休で大失敗をおかしているので今回はそんなことも言い出せない。

すべては牛角のせいだ。

 

連休前半戦で牛角へ行った。

テレビで牛角の特集を見て、「牛角へ行きたい欲」が高まったからだ。

嫁からは個室であること、子供用の椅子があることという条件が出されたが、電話で確認をしたらOKだった。

今夜は久々に牛の肉を食べらる!と僕はワクワクしながら夜を待った。

独身でお金も時間も自由だったあの頃の自分からすると、牛角の食べ放題をここまで楽しみにする日が来るとは、という感じだった。

 

そして牛角に到着。

通されたのは普通にそとから丸見えのBOX席。

子供用の椅子も、ベルトもない座敷の上に置く様なやつ。

一瞬で「あぁこれは嫁が怒りますよ」と察する僕。

「怖いなぁ」「怖いなぁ」と稲川淳二の様に心の中で呟く。

そんな場所で0歳児を抱えて焼肉を楽しむことは不可能に近いので、予約を取り消して帰ることも一瞬頭をよぎったが、どうしても牛の舌を食べたい僕。

嫁の反応次第、と嫁をみると「まぁ、仕方ないか」という感じ。

嫁も牛の舌を食べたかったのだろう。

 

とりあえず食べ放題を始めるが、やっぱり子供はギャン泣きしてかなり大変だった。

近くには不倫っぽい熟年のカップルが座っていて、我が子の泣き声がうるさ過ぎたので少し申し訳ない気持ちになった。

逆の立場だったら「ガキ連れて来んなよ」って絶対思うから。

 

学生の頃、餃子の王将でタバコを吸っていた時のこと。

当時は余裕で店内で喫煙できたので僕は友達とタバコを吸いながら料理を待っていた。

すると隣の家族連れから「子供がいるのにタバコ吸うな」と文句を言われたので、僕は「子供連れて来る方が悪い」と応戦した。

自分に子供ができてからも、特に考え方は変わらない。

子供を連れてるんだったら、子供を連れても全く問題ない所へ行くか、それなりに対応策をして連れて行くかをするべきだと思う。

そうでない場合、他人から文句を言われても仕方ないと思っている。

まぁ、今回は一応こちらとしても確認して来店したわけだけど、詰めが甘かったなと。不倫ぽい熟年カップルには申し訳ないことしたなと反省した。

そもそも不倫じゃなければごめんなさい。

 

ただでさえ周りに申し訳ないなというストレスを抱えいる中、店員がビビるくらいアホ過ぎた(詳しくは書かないけど)のでイライラがMAXの状態で店を出る。

当分の間外食はしないという結論に至った。

 

そんなこんなで、ステイホームの連休を過ごしている。

ゲームでもしようかな、と思っても嫁に怒られ。

やることがないのでゴロゴロしてても嫁に怒られ。

仕方なく暇潰しに書いたこの記事のできはイマイチ。

全部、全部牛角のせいだ。