こぐろぐ。

アラサーリーマンの日常

公園とハーモニカ。

新年一発目のブログ。

このブログを立ち上げて早くも1年が経過した。

昨年の今頃はブログ立ち上げに奮起し、正月休みも割と更新したのだけれど、結局1年を通してアップした記事は58。

どんだけ怠惰な自分でもなんだかんだ100は書くでしょう、と思っていたが想像を超えてしまった。

 

今回はそんな想像を超えたというお話。

 

ある日曜日の公園での出来事だ。

最近、娘がだいぶ歩けるようになってきたので休日に公園に行くことに。

家族連れや恋人、犬を散歩している人など、そこでは「ザ・公園」が繰り広げられていた。

僕もそのうちの1人だ。

よちよち歩きの娘を見守る夫婦。

客観的に見ても満点に近しい幸せの象徴だと思う。

独身時代は休日に早く起きてもパチンコくらしかすることのなかった僕が、こんな「ザ・公園」の一員となれるとは…

 

そして初めての「ザ・公園」はというと。

それは驚くほど「ザ・公園」だったのだ。

 

ランチどこ行こっか?(これは想像だけど)的な会話をしているであろう、カップル。

 

ジョギングしてるおっさん。

 

ベタな風景はまだまだ続く。

 

母親と凧揚げをする兄弟。

なかなか凧は上手く上がらない。

やっとのことで風に乗った凧、テン上げな弟はそれを持って走る。

案の定木に引っかかる凧。

木の下で悲しそうに凧を見つめる兄弟と散歩してるおっさんとその犬。

 

そんな正月の公園での鉄板コントを見ながら、僕たち家族はベンチに腰掛ける。

娘におやつをあげるのだ。

娘のおやつは嫁の手作りの蒸しパン。

ベンチに腰掛けおやつを食べる娘。

 

ベタ。

 

ベタ、ベタ、ベタ。

 

世の中ってこんなにもベタなのか?

公園ってこんなにも公園してるんだ!

平和な世界だな〜と蒸しパンをかじる娘を眺める。

 

しばらくすると娘が蒸しパンに飽きたのか少しグズり始めてきた。

そんな時。

「迷子の、迷子の、子猫ちゃん」

 

間違いなくハーモニカで犬のおまわりさんが奏でられている。

隣のベンチで水兵の服装をした外国人のおじいさんがハーモニカを演奏しているのだ。

 

 

いやいやいやいや。

これは流石に、もう、嘘くさい。

もう十二分にこの公園は公園している。

たしかに僕にとって最初は少し非現実的だったけれど、それは間違いなく「ザ・公園」想定の範囲内だった。

 

 

そこに急遽現れたハーモニカ奏者。

しかも水兵の服装をした外国人おじいさん。

 

ここは宮崎駿に操られた世界…?

おじいさんの奏でるメロディーを聞いていると、向こうの方でパズーでも走ってんじゃねえかって気になってきた。

 

僕にとっての公園デビューは想像を遥かに超えたものだった。

 

今日は公園でシャボン玉をする予定。

シャボン玉の中に魚の女の子いませんように。

 

ピザとチーズバーガー。

2021年クリスマス。

久しぶりに独身生活を送っている。

というのも嫁が子供を連れて実家に帰っているのだ。

別に離婚とか別居というわけではなく、あまり義理の両親に娘を会わせられていなかったので、僕も12月は師走をしているということもあり、半月ほど帰省してもらっている。

孤独なクリスマスの晩ごはんは自宅でピザを食べることにした。

会社帰りに少しまわり道をしてモスバーガーでモスチキンでも食べようかな、とも思ったが、少し恥ずかしいのでやめた。

とりあえず家に車を止めて、最寄りのセブンイレブンへ。

道中、おそらく1年で1番忙しいであろうピザ屋のバイクとすれ違う。

「あ、ピザ良いな」

セブンでビールだけ購入し、出前館でお気に入りのピザを注文。

【お届け時間21:00】

注文したのは19:00。

やっぱりめちゃくちゃ忙しいんだなと思った。

最近なるべく20時以降はご飯を食べないようにしてきたけど、まぁクリスマスだし良いか。

少し部屋の片付けをしてゆっくり風呂に浸かる。

21:30頃ドライバーのバイトの子が遅くなって申し訳けないですとピザを持ってきた。

近年クレーマー気質が高まっている僕だが、今回は全くモーマンタイ。

そもそもこんな日に思い付きでピザを注文した計画性のない自分が悪いのだ。

にこやかにピザを受け取り僕のクリスマスが始まる。

f:id:kogure0411:20211225231142j:plain

ほくほくのピザ、とろけるチーズが最高だ。

テレビではホームアロンが流れている。

今回も置いてけぼりのケビンは今回もバズの貯金をパクっていた。

久々にホームアローン見たけど、画質が綺麗過ぎて不思議な感覚だった。

(実家のテレビボロかったもんなぁ…)

 

ホームアローン状態で暇なので最近の僕のマヂキチクレーマーネタを1つ。

 

それは出張中の出来事。

師走ということもあり、こんなご時世だが最近は会食が多かったのだけれど。

その日の夜は久々に予定がなく、ホテルの近くのコンビニで夕食を買うことにした。

チーズバーガーと何かを手に取りレジへ向かう。

そのコンビニはレジが2つあるんだけど、僕が向かった段階ではどちらも空いていた。

どちらのレジも〈休止中〉とはなっていない状態で店員が2人反対のレジで話をしていた。

ここまでは良い、これからが最初の舌打ちポイント。

マヂキチな僕だが本当に嫌がらせとかそういうわけではなく、近い方の誰もいないレジへ向かった。(だった空いてるんだよ?)

店員「あ、こちらのレジでお願いしまー」

僕(は?おめーがこいよ)

心の中で2億歩譲ってそっちのレジへ向かう。

第二舌打ちポイント。

店員「レジ袋は?」

僕「お願いします」

めんどくさそうにレジ袋へ商品を詰める店員。

無論チーズバーガーもそのままレジ袋へ。

僕(は?普通コンビニでこの類のハンバーガー買ったら温めるだろうが!せめて温めるかどうが聞くのが普通だろ?おめえの後ろにあるその箱は未来ガジェットか?)

「あ、温めてもらえますか?」と振り絞った声で僕。

無論店員はめんどくさそうに僕のレンジへチーズバーガーを入れる。

(マジでこの腐れ学生バイト野郎、社会に出て死ぬほど苦労してほしい)

そんなことを心の中で呟いていたら僕のチーズバーガーが産声をあげた。

そいつの顔を見ているだけでイライラが止まらないのでさっさと店を出ようと、レジを二歩離れる。

 

(?)

 

(早くね?)

 

最終舌打ちポイント。

実は僕も昔はコンビニ腐れ学生バイト野郎だったので、この類のハンバーガーは温める時間が割とかかることを知っていた。

 

もしや…と思い袋の中の中を確認。

案の定、冷たいハンバーガー、まったくとろけないチーズ。

DA☆YO☆NEだって今体感10秒くらいだったもん。

(お前知ってるか?このチーズバーガーは500Wで1分50秒、1500Wで35秒温めないといけないんだぜ?そのレンジ3000Wくらいあんのか?あ?まぁそれでもあたたまってねえんだけどな)

 

なんだろう、最近自分でも自分が怖い時がある。

気がついたらレジの台にチーズバーガー投げてた。

凍りつく店員と会計中のおじさん。

僕「ちゃんと温めろよ」

無言で電子レンジへチーズバーガーを入れる店員。

会計中だった優しそうなおじさんが優しく一言。

「気持ちは分かるけど、今僕が会計中だから横から物投げるのは良くないよ」

僕「あ、それはすみません。」

このおじさんの意見は至極当然なので反射的に謝る僕。

気まずい時間が僕たちの間に流れる。

(てめぇ(店員)何今回はガチンコで1分50秒温めてんだよ!見ろこの空気、さっきの10秒差し引いて1分40秒で良いからさっさと帰らせろ!っていうかやっぱり500Wだったんかワレ!)

 

なんとかチーズバーガーを回収し、部屋で食べながらそこのコンビニチェーンへこの記事の2倍程の文字量でクレームのメールを入れた僕であった。

 

〜完〜

 

ケビンがドラッグストアで買い物をするシーンがテレビで流れている。

ケビン「この歯ブラシは歯科医師会の認証を受けていますか?」

ばばあ店員「わからないわ」

ケビン「調べてもらえますか?」

僕「何このガキ、めんどくせ」

イカゲームと真夜中の訪問者。

最近、娘の寝かしつけを担当している。

寝かしつけといっても2人で寝室に入って、娘が寝るまで一緒にいるだけだけど。

前は嫁が授乳しながら寝しつけていたが、そろそろ卒乳を視野に入れる必要があるので僕が担当になったわけです。

娘と2人きりというプライスレスなひととき。

僕は娘とNetflixで「イカゲーム」を見る。

僕にとって、無論1歳の娘にとっても初めての韓流ドラマ。

「ほら、人がいっぱい死んでいくね〜」

「韓国人てすぐキレるね〜」

などと娘に語りかけながらプライスレスなひとときは過ぎていくのだ。

 

端的に「イカゲーム」を紹介。

藤原竜也主演の映画をごちゃまぜにした話を大泉洋っぽいおじさんが主役で演じる。

お子さんを最速で寝かしつけたい時には最適なドラマです。

ちなみに退屈過ぎて1.5倍速で見てます。

なんでこのドラマこんなに話題になってんだ?

なんで玉山鉄二ってNetflixのドラマ出まくってんだ?

そんなこと考えながらほぼ毎日僕も寝落ちしてます。

 

その日も娘とイカゲームを堪能しながら眠りについていたのだが、インターホンの音で目が覚めました。

休日に夕方まで寝ていた独身時代ならまだしも、ここ何年かは真っ当な生活リズムを送っていたため、インターホンの音で目覚めるという不意打ちは久々。

目が覚めた瞬間、何が起こっているのか全く理解ができない。

リビングではインターホンの音が鳴っている。

時計を確認すると夜中の2時30分。

火事でも起こったか?と少し焦りながらインターホンを確認。

我が家はオートロックなのでエントランスからの呼び出しのようだ。

普通なら【通話】で話すところだが、寝ぼけ過ぎて【解錠】を押してしまう。

インターホンの画面には後ろ姿のサラリーマンが1人。

特に会話も無く、解錠した自動ドアを通りエントランスへ進んで行った。

 

「は?」

なんだこれ?と徐々に冷静になる僕。

万が一不審者だったらやばいと思い、自宅の鍵を即座に確認。

大丈夫、鍵はかかってる。

少しの間玄関で待機するも誰もくる気配がない。

廊下にでてエレベーターを確認。

3階で止まっている。

「は?なにこれ?」

 

可能性としては色々とあるけど、僕が導き出した答えはこれ。

「鍵を落とした馬鹿な他の部屋の住人が深夜にオートロックを通過できなくなって、馬鹿の家族に開けてもらおうとエントランスから呼び出すも、馬鹿なので部屋番号を間違えて押してしまった。」

あ、ちなみに先に言っとくとほぼこの推理通りでした。

それでね、めちゃくやムカついてきたんです。

ムカつき過ぎてね、3階に行ってやろうと思ったんですよ。

深夜だし、まだ時間も経ってないから灯りがついてる部屋が犯人なのは確定だし。

僕「俺、行ってくるわ」

嫁「は?やめてよ、住みにくくなったらどうすんのよ。明日管理会社へ言えばいいでしょ」

ふと35年のローンが頭をよぎる。

嫁の言ってることは確かに理解できるけど、どうしても許せない。

何よりも、寝ぼけていたとはいえ【解錠】してしまった自分までもが許せないというこの行き場のない怒り。

僕は譲歩案をあげる。

僕「管理会社が対応しないならインターホンの写真をプリントして共用部に文句を添えて貼る」

嫁「はいはい、とりあえず早く寝なさいよ」

 

翌日、管理人に嫁が報告。

とりあえず管理会社が対応するから直接コンタクトを取らないようにとのこと。

嫁「とりあえず管理人さんに相談したよ、あなたがめちゃくちゃキレてることは伝えといたよ」

実際の所どのように伝えたのかは分からないが、思いの外管理会社が早く動いたので少し笑えた。

完全に要注意人物に指定だろ、無論僕がね。

まぁ、勝手にチラシ作って共用部に貼るなんて少し冷静になった今思うとクレーマー意外の何者でもないけどね。

管理会社からきちんと注意してもらい、ついでに犯人の部屋番号まで教えてもらえた(普通教えないと思うけど)。

部屋番号聞くと、どう間違ったらお前の部屋番号からうちの部屋番号押しちゃうんだ?一回死んどくか?って感じで少し怒りがぶり返してきた。

 

嫁「父ちゃんってすぐキレるね〜」

今週のお題「今月の目標」

今週のお題「今月の目標」

暇なので今週のお題でも書いてみようか、ということでお題を確認する。

今週のお題「今月の目標」

全く思い浮かばない。

今年の目標とか下半期の目標だったら割と設定しやすい。

というのも少し未来の自分に対することなので、「未来の自分がどうにかするだろ」という感じで割と他人事のようなノリで決めることができるからだ。

(ちなみに今年の目標は体重を60キロ台に戻すこと、肌荒れを治すというOLのような目標)

ところが「今月の目標」となると一気に他人事ではない感じが高まる。

目標を立てたその日から行動する必要が少なからずでてくるからだ。

それなら普通に生活してても達成できる目標にしようか?とも考えたが、それは果たして目標と言えるのだろうか。

ふと「生きることが戦いだ」というアスラン•ザラの言葉を思い出す。

確かに、生きていくというのはとても大切な目標だ。

最近娘の1歳の誕生日を迎え、改めて頑張って生きていかないとな、と確かに思った。

しかし、そんなヒトとしての大きなテーマを10月の目標なんかで消費できるはずがないし、して良いはずもない。

「よっしゃ10月生きたから、もういいや!」

という訳にはいかないし。

 

こんなことを書きながらも今月の目標を考えていたがやっぱり思い浮かばない。

そもそも既に4日分ショートしているので立てるだけ無駄なのだと自分に言い聞かせながら、今月目標は「来月の目標を決める」にしようと思う。

 

SM2(サマンサモスモス)。

久しぶりに家族でショッピングモールへ買い物へ行く。

コロナ禍で小さな子供を連れて移動するのは気げ引けるがいたしかたない理由があった。

 

先日、嫁のブラトップと靴下が穴だらけなのを発見してしまったのだ。

 

日頃「名もなき料理なんて出さないでくれ」と嫁に文句を垂れていたが、

1人、穴だらけのブラトップと靴下を身につけてキッチンに立っている嫁を想像すると流石の僕も居た堪れない気持ちになった。

 

別に著しく金欠ではないはずなんだけどね。

サラダスピナーとか買う前にそっち買えよって思います。

(ちなみにサラダスピナー買ったあとクソまずだった我が家のキャベツの千切りが食べられるレベルまで改善した)

 

ということでいざユニクロへ。

嫁は無事に5年ぶりのブラトップと靴下を手に入れることができた。

どうやらシンプルな5本指ソックスが欲しかったらしいが、お気に召す物はなかったようだ。

子供が産まれてから女捨てたのか?と思ったが、冷静に考えると昔から生粋のブラトッパーなので少し納得。

 

当初の目的を無事達成し、久しぶりのショッピングモールということもあり少しウインドウショッピングをすることに。

 

僕も服欲しいな〜と思ったがこのモールにはGU (嫁の中で僕の服=GU)が入ってないので却下。

なんという理不尽な世界。

 

ちょっと高めのお店で「見るだけ、見るだけ」。

新しいジーパンが欲しなと思ったが「30超えたらジーパンはNG」という嫁の謎理論により一蹴される。

 

そんな感じでとても有意義なウインドウショッピングを続ける中、唐突に嫁が言う。

 

嫁「あれなんて読むか知ってる?」

嫁の指先には【SM2】というショップが。

僕「なんじゃ、あれ」

嫁「サマンサモスモスっていうんだよ」

僕「サ、サマンサモスモス…」

嫁「モスモスっていうんだよ」

僕「サマンサタバサと関係あんの?」

嫁「よくわかんない」

 

あまりにも衝撃的なブランド名だったのでSM2についてモスしてみた。

 

www.canshop.jp

『Samansa Mos2』は、ココロの豊かさを求めるモスたちに向けて、
「遊び心」を大切に「楽しさ・モス・心地良さ」を提案するモス。ナチュラル感やぬくもりを感じられるようなモスの良いモスづくりを目指しています。

 

ちなみにサマンサタバサとは全くモスっぽいです。

せっかくなのでサマンサモスモスってどんなモスを販売してるのかモスしてみる。

モス向けのたしかにナチュラルで可愛いモスって印象だ。

うちの嫁ももう少し若ければモスだったかもだけど、30過ぎちゃうと少しモスだなーって感じですね。

 

3連休も明日でモス。

明日はモスしよう。

CRYAMYというバンドについて。

30歳も超えてくると、あの頃好きだった物を忘れてしまうことがある。

自分を消耗する日々の中で、知らぬ間にそれを遠ざけてしまう。

昔好きだったアルバムを聴いてみても、これの何がよかったのか…と。

まぁ、それが大人になるってことなのかもしれない。

そんな少し寂しい生活を違和感なく数年過ごしていた。

 

CRYAMYというバンドに出会った頃、僕は無職だった。

数年ぶりに手に入れた自由な時間を絶賛謳歌中。

無職という開放感からか、その日はYouTubeで最近のバンドのPVを漁っていた。

そこで僕はCRYAMYというバンドに出会う。

www.youtube.com

初めて見たPVはこの月面旅行だった。

サムネから漂う拗らせ感。

ていうかこのバンド名なんて読むんだ。

そんなことを考えながら曲を聴いてみる。

 

…結構良いな。

力強いんだけどノスタルジーで案の定拗らせてる感じ。

そっこーでWikipediaで彼らについて調べてみる。

とりあえずバンド名なんて読むのか知りたいし。

2017年 弾き語りで活動していたカワノがオオモリユウトをドラマーとして誘う。その後ギターとしてフジタレイがバンドに参加する。バンド名の由来は「cream」にちなんだ名をつけようとしたカワノのスペルミスから。

出典:Wikipedia

どうやらバンド名はCRYAMY (クリーミー)というらしい。

そしてボーカルのカワノ君はちょっと頭が悪いっぽいということが分かった。

 

www.youtube.com

僕が彼らを愛してしまうことを決定付けたPV。

もうね、たまんないんですよ、この小汚さ。

小綺麗でおかっぱのなよなよしたロックはもうたくさんなの。

中学校の体育教師が着てた依頼、おそらく見てないこのルコックのジャージ。

本当に髪切る金無いんじゃないか?って感じのカワノ君の髪型。

 

金ないからテレビを売るのも納得。

チューハイの缶を灰皿にするのも納得。

 

そんなカワノ君は唄う「誰かにいえるようにポップソングあえて」と。

 

いやぁ、おっさん応援してしまいます、これは。

 

でもそんな気持ちと反面、CRYAMYには絶対売れて欲しくないという気持ちもある。

(まぁ既にそこそこ売れてそうだけど)

彼らには一生小汚くいて欲しい。

革靴なんて絶対NG、100歩譲ってスニーカーならおK。

勿論ジーパンは常に破けてて欲しい。

 

これから先も轟音でノスタルジーなセピア色の音楽を奏でて欲しい。

 

彼らのクラファンがあったら、積立てNISAやめてその分ぶち込んでも良い。

 

売れなくてもいいから今の音楽を続けて欲しいと切におじさんは願う。

 

最後に僕が1番好きな曲を紹介。

www.youtube.com

カワノ何ジャケット着てんだよ!

今週のお題「好きなお茶」

今週のお題「好きなお茶」

 

真っ先に思いついたのが一風堂ルイボスティー

 

「めちゃくちゃ一風堂の豚骨ラーメン食いてえなー」って感じよりも、

「あ、一風堂あるじゃん、ルイボスティー飲みいこ」ってテンションで一風堂に行くことが多い。

 

家で作ったり、市販のルイボスティーをこれまでもさんざん飲んできたけれど、一風堂ルイボスティーこそルイボスティーだと思う。

あのルイボスティーの味は一風堂でしか味わえない、マジで。

いや、むしろ一風堂ルイボスティールイボスティーではないのかもしれないとすら思えてくるほどに。

 

他の店ならレモンサワーでも頼んじゃおっかな、となる場面でも、一風堂だったらこのルイボスティーでOK。

ファミレスのドリンクバーの値段くらいなら全然出せるのであのルイボスティー有料にすれば良いのに。

少しくらい金取られた方がこっちも気兼ねなくがぶ飲みできるしね。

 

そんなレベルで僕はあのルイボスティーが好きです。

 

やみつきになるあの爽やかな香り、癖になる味。

中毒性のあるやばい物入ってるのかもな。

一風堂の看板見るとルイボスティー飲まないと気が済まないもん、僕。

 

 

ルイボスティーを飲む、辛いもやしを食べる。

辛いもやしをまた食べる、ルイボスティーで流し込む。

コロナ落ち着いたら、この定番ルーティンぶちかましたい。

 

(ラーメン食え)